コンテンツへスキップ

いしのまきNPO日和 Vol.005

2011年5月、自宅の傍の大きな公園で仮設住宅の建設が始まり、程なくプレハブの団地が完成しました。当初は自宅を失った方の大変さに思いを馳せることも多かった私ですが、 5年半経過した今はすっかり日常になじんだ風景となってしまい・・・

このような仮設住宅は市内134か所に7000戸以上建設されました。家を失った方の生活再建を急いだが故、入居の際は震災前のコミュニティは考慮されず、孤立する方が多くでるのではとの懸念が当初からありました。

もちろん、当の住人たちも危機感を持っており、「仮設住宅での孤独死を無くそう」を合言葉に、各団地が問題や情報を共有できるような自主組織を作り始めました。震災の年の12月5つの仮設団地が集まり「石巻仮設住宅自治連合会」を発足。その後、行政や社会福祉協議会、支援団体を加えた連合推進会(石巻仮設じちれん)となりました。

今年1月には法人格を取得し「一般社団法人石巻じちれん」として、復興公営住宅のコミュニティ形成支援へシフト。未だ多くの方が住む仮設住宅への支援は「石巻仮設じちれん」が継続して担当しています。イオンモール傍の公営住宅が並ぶ新しい街の事務所を訪ね、会長の増田さん、事務局長の内海さんにお会いしました。自らも被災し住居を失いながら、仮設のコミュニティ形成のために自治連合組織の運営を続けてきたお二人。被災者が被災者のお世話をすることは、自分を抑えて不平不満を聞く側に回ることもあり、精神的にも大変だったと思います。実際、自治連合会の会議も、当初は入居した方が苦情を述べる「ガス抜き」の場になっていたことも。そんな役回りを引き受けたのは、震災前から町内会などで地域コミュニティにかかわってきたからと思いきや、決してそうではなかったとの事。3代目の会長となった増田さんからは「多くの方がなくなった地元で自分が生き残ったのは、被災者のために働くことを課せられたからであり、だから続けている」とのお話を頂きました。

復興公営住宅や自立再建の住宅の整備が進むに従って、仮設住宅を後にする方が増えており、石巻じちれんも活動の対象を公営住宅にシフトしています。公営住宅は仮設住宅のように隣の物音がうるさいといったようなことがなくなり、快適になった分、部屋に籠りっきりになる住民が増えると思われるからです。現在は毎朝のラジオ体操やイベントの開催で、住民交流の輪を広げています。今年の夏は新蛇田地区での盆踊り大会を企画、そこで嬉しい出来事が。公営住宅エリアの住民と住宅再建エリアの住民、それぞれ盆踊りを計画していたのですが、同じ日、同じ場所になってしまい・・・そこで合同で実行委員会を立ち上げ、総合が交流を重ねながら盆踊りを開催しました。

法人化する際お二人は支援される側から支援する側に立つ事を強く意識したそうです。自らも住宅を失った被災者なので、支援を受けて当然という意識がどうしても抜けなかったそうですが、今後は仮設から災害公営住宅へ移る方々を自分たちが支援するというスタンスを明確にし、活動を続けることを決意しました。公営住宅団地での自治会設立のアドバイザーとして、また、仮設住宅の建設が始まっている熊本の被災地で、これまでの経験を伝える活動をして行きたいそうです。被災地のコミュニティ形成には具体性のある貴重な経験ですので、国内外で共有できれば素晴らしいと思います。

特定非営利活動法人 いしのまきNPOセンター
専務理事 四倉禎一朗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA