コンテンツへスキップ

NPO法人お茶っこケア

お茶っこケア

子供からお年寄りまで障がいのある人もない人も日日の生活を大切にしながら、地域の中で共に暮らせる共生型デイサービス「よってがいん」を、渡波地区の築40年の1民家で運営しています。子供からお年寄りまで障がいのある人もない人も日々の生活を大事にしながら、地域の中で共に暮らせる共生型デイサービス「よってがいん」を渡波地区の築40年の民家で運営しています。

テレビを見ながら噂話に夢中になる人や台所で昼食の支度を手伝う人。遊びに来て自宅でとれた野菜をお土産に共に昼食をとる人など、皆さん自宅で過ごす様にしています。

活動の始まりは渡波地区の被災者を対象とした「ちょこらい」による入浴支援でした。その後、住民らの話合いにより独居高齢者や障害者たちと地域が交流する場として継続性を高めるためにNPO法人格を取得。平成25年9月に介護保険の通所介護基準該当障害福祉サービス事業を開始しました。

震災から5年が経過し利用者の中には、将来の生活を考え出さなければならない人も増えてきました。これからも地域で支え合いえる様に、共に考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA