コンテンツへスキップ

一般社団法人 地域障害者雇用促進協会 Nさぽーと・みやぎ

一般社団法人 地域障害者雇用促進協会Nさぽーと・みやぎは、障がいのある方の雇用にサポートするため、企業と福祉の中間支援をしている法人です。

地域を支えている地元企業に対して就労の受け入れ態勢を整えていき、障碍者を就労へ近づけていくことで、福祉と地域が共生し合いながら働ける環境を構築できると考えています。

東日本大震災以降、大きな影響を受けた地元企業の雇用は人手不足が原因で依然として厳しい状態が続いており、その中での障がい者雇用については、国が

定める法定障害者雇用率を達成した企業は宮城県がまだまだ低い状態となっています。しかしながら、社会で自立して働きたいと願っている障碍者は沢山います。

企業をサポートしながら、障碍者が自らの労働により自立する環境が作られることで、地域全体によい波及効果を与え、障碍者が当たり前に働ける環境を作り上げることを目標としています。