コンテンツへスキップ

宮城県高齢者生活協同組合

私たちは、高齢者が「寝たきりにならない、しない」「元気な高齢者がもっと元気に」「元気な高齢者がもっと元気に」を合言葉に、「福祉、仕事、生きがい」の三本柱で活動を行っています。

2012年に地域の寄り合い所として地域福祉事業所「ひなたぼっこ石巻」を大街道地区にオープンし、そこを拠点として、ささえあい・交流・協同の場とし、多世代交流や講座、ハイキング、季節ごとのイベントなどを行っています。

高齢者は今までの人生の中で様々な経験をしてきており、それは大きな財産となっています。そしてそれは教訓として、誰かの支えになることができます。

私は「人生の二幕目が面白い」とよくお話しています。

次世代の人たちに「年をとるって素敵だな」と思ってもらえるよう、美しい落日のように陽が落ちるまで輝きを忘れず、地域の人たちと共に輝きあい、次世代に希望をたくしながら元気に沈んでいく…そんな生き方が出来ればいいと思います。

そしてこの場所が、「自分は一人ぼっちじゃない」と思え、年齢や障がいの有無に関係なく「だれにとっても生きる希望」「支え合いの場」になることを願っています。